行商イラスト桜マーケット受付分公開終了と同時にブログを移転することになりました。
新しいアドレスは 「http://ameblo.jp/nanashi-mangetsu/」 です。
移転先のブログでもよろしくお願いします・w・)

2009年10月21日

ショックだった

いっつも巡回してるブログの中に、犬のブログがあったのですが、
パソコンが壊れて見にいけなかった間に、
そこの犬が急逝してしまわれたそうです。


まだまだやんちゃ盛りの元気な犬だったのに。






夜寝ようとして気がついたら布団の中で泣いておりました。
かれこれ5年ぶりくらいに泣いた気がする。

結局もう一回起きてしまった。




うちのネコ以外で誰が死んでも、もう泣くこともなかろうと思ってたけどなあ・・・。





posted by ななし at 03:20| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
形(命)有るものいつか滅びる。だから、儚くて尊く……それ故に、たくましいのです。
日本人には侘や寂にといった、死に代表される、変化(滅び)への美意識が有るからこそ、日本人なんだよ。
例えば赤の他人が死んでも、あるいは、ある村がダムに沈むとしても、その人やその場所が本当に死ぬほど憎くない限り、それら変化が心の琴線に触れるのは日本人だったらわかる筈。特に思い入れが有ればこそ、その死や変化を哀しみ、悼むのは当然な事なのです。
Posted by おさーん at 2009年10月22日 09:38
富士の名がつく子ですか?

私も泣きました。

いつかはウチの子にもくると
分かっていてもそれを思うと
どんよりします・・・
Posted by エレメント at 2009年10月30日 22:59
>おさーんさま
確かに当然なのかも知れない・・・けど
ついこないだまで身近だった(今回は
あくまで画面の向こうであったけども)
存在が、急にいなくなってしまうのは
やっぱり寂しいものなのだ・・・;w;)


>エレメントさま
まさにその子です。

うちのネコもいずれは飼い主ほっぽらかして
先にいっちゃうんだろうな、と思って
余計切なくなったりしておりました・・・。


当のネコは相変わらず、人の布団にもぐって
けったいないびきを響かせてますが・・・

Posted by ななし at 2009年11月01日 17:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。